ごった煮ュース

気になった記事を毎日更新していきます! ジャンルは問わず、あれやこれや無節操に載せていくよ!

    ほっこり

    1:2013/09/26(木) 12:41:01.98 ID:
    公園や道端で愛犬と散歩する人の姿はよく見かけるが、小川町で先日、ハトを右肩に乗せて
    悠々と歩く男性に出会った。テレビ番組ではないが、まさに「珍百景」だ。

    松本利治さん(64)が愛鳩「チビ」と暮らし始めたのは6年ぐらい前。自宅付近を散歩していて、
    道端にうずくまるハトを見つけた。何かに襲われたのか、羽が傷ついていた。足にテープが巻かれており、
    どこかで飼われていた伝書バトらしい。放置するのもかわいそうなので引き取った。

    しばらくすると傷も治ったが、なぜか飛ぶことはできなくなっていた。

    飼ってみるとかわいいもので、表情も豊か、オスで感情も激しく、怒るとかみつく。おなかがすくと「クックッ」と
    鳴き、時にはお風呂のドアをたたき、水浴びを催促する。そんな時はたらいに水を入れてやると喜んで遊ぶ。

    ストレスもたまるだろうと散歩に連れ出すようになったのは5年ぐらい前。当初は車道に出たりヒヤヒヤ
    したこともあったが、松本さんのそばを離れることはなかった。

    トンビに襲われそうになったこともあるが、今では早朝の散歩が日課になっている。約1時間半、大半は
    松本さんの右肩にとまり、時には下りて道端で遊ぶ。

    一度、地区で伝書バトを飼っている家に引き取ってもらおうと連れて行ったが、嫌がってダンボール箱から
    出てついてきてしまった。

    「うちのハトかもしれない」と訪ねてきた男性は飛べないチビと松本さんの様子を見て、黙って帰っていった。

    松本さんは以前、犬を飼っていた。病気で亡くなったが、かわいそうだったので、もう生き物は飼わないつもりだった。
    思いがけずチビと出会い、「もう家族の一員です。かわいいもんだよ」と笑みを浮かべた。

    ソース
    埼玉新聞 http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/09/26/01.html

    【画像】肩にとまり、散歩を楽しむ愛鳩の「チビ」

    肩から下り、道端を歩く「チビ」

    【【埼玉】散歩もお風呂も一緒 6年前からハトと同居(画像有り)】の続きを読む

    1:2013/09/02(月) 14:54:47.57 ID:
    山形市神尾の市野草園で、キキョウやオミナエシなど秋の七草がすべて開花し、
    訪れた人たちの目を楽しませている。

    七草はそれぞれ微妙に開花時期が異なるが、同園の「七草の庭」では
    毎年8月下旬~9月上旬、同時に咲き誇る様子を見ることができる。
    開花が最も遅いフジバカマが25日頃に咲いたことで、出そろったという。

    自宅で秋の七草を栽培しているという白鷹町荒砥、農業の男性(76)は
    「全種類の七草がたくさん咲き誇っているのを見て、見事だと思った」と笑顔で
    話していた。

    ソースは
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130831-OYT1T01245.htm?from=navlp
    鮮やかに咲き誇るキキョウ
    http://livedoor.blogimg.jp/s97514701/imgs/4/3/43909867.jpg
    ■Wikipediaから、七草
     http://www.google.co.jp/url?q=http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E4%25B8%2583%25E8%258D%2589&sa=U&ei=xCckUtORF8f0kQX0roHoBQ&ved=0CBsQFjAA&usg=AFQjCNFrghzzLEoPsx8ED1ot-zm9xAov0w
     秋の七草:おみなえし おばな ききょう なでしこ ふじばかま くず はぎ

    【【花だより】秋の七草、すべて咲き誇る…山形[12/09/02]】の続きを読む

    1:2013/08/12(月) 12:41:55.10 ID:
    人に近づいたり、船を追ったりと、好奇心旺盛な性格で人を楽しませてくれるイルカ。
    先日、カヤックで海に出た14歳の少女もまた、イルカの魅力を存分に知った1人だと
    いう。偶然近くに現れ近づいてきたイルカと、手や足を使ってしばらく一緒に遊んで
    みたところ、突然潜ったイルカが大きなタラをくわえて浮上し、少女のカヤック近くに
    浮かべてプレゼントしてくれたそうだ。

    英通信社スモールワールド・ニュースサービスなどによると、嬉しい体験をしたのは
    英南西部の街クームマーティンに住む14歳の女の子、ルーシー・ワトキンスさん。
    7月25日、彼女は祖父母と一緒にカヤックを楽しもうと、近くの湾に出かけた。
    すると岸を離れて間もなく、彼女らの周りを泳ぎだすイルカが1頭出現。
    予想だにしてなかった遭遇の喜びと、思っていた以上の大きさを目の当たりにした
    驚きとで、彼女は興奮して「自分の目を疑った」という。

    一方のイルカは戸惑うワトキンスさんに興味を持ったのか、カヤックの周りや下を
    縦横無尽に泳ぎだし、接触を楽しんでいる様子だったそう。
    すぐ近くまで来て愛嬌を振りまくイルカに、次第に怖さを感じなくなったという
    彼女は、それからおよそ2時間近くにわたり水音を立てたり水中で指を動かして
    引きつけるなどイルカと楽しい時間を過ごした。
    そしてイルカが彼女と遊んでいた最中に、突然予期せぬ動きを見せたという。

    カヤックの周りを泳ぎ周っていたところ、急に海中へと姿を消したイルカ。
    そして数秒後、イルカは重さ約4.5キロもの大きなタラをくわえて浮上すると、
    口から離したタラを押し出してカヤックの方へと近づけ、ワトキンスさんに
    渡そうとした。
    驚いた3人は、最初「イルカが自分で食べるために確保したのか」と思い、
    海に浮かべたままにしておくほうが良いのか考えたそうだ。
    ところがしばらくすると、再び潜ったイルカが別の魚を仕留めて食べている姿を見せ、
    「あの魚は私に渡したかったんだ」とイルカの気持ちを解釈した彼女は、感謝しながら
    タラを受け取った。

    その後、家に持ち帰ったタラは、ディナーの食材としておいしく食べたという
    ワトキンスさん。彼女に起きた一連の出来事は、岸辺にいた多くの人も目撃して
    話題になったそうで、今では彼女にプレゼントを贈ったイルカは“デイブ”と
    名付けられ、地元住民の間で人気者になっているという。

    ソースは
    http://www.narinari.com/Nd/20130822593.html
    同じニュース
    6 August 2013 Friendly dolphin dives down and catches 10lb cod before giving it to family for their dinner
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-2385219/Dolphin-gives-10lb-cod-family-dinner-Devon.html
     Lucy Watkins proudly holds the 10lb cod
     http://livedoor.blogimg.jp/s97514701/imgs/8/d/8d933bae.jpg
     そのイルカ画像
     http://livedoor.blogimg.jp/s97514701/imgs/2/8/286d6bde.jpg

    【【いきもの/英国】一緒に遊んだイルカから贈り物、カヤックの少女に大きな魚を渡す[13/08/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ